おすすめ金・プラチナ買取業者ランキング > 基礎知識一覧 > 金の買取依頼前に知っておきたい「目減り」とは?

一覧はこちらから

金の買取依頼前に知っておきたい「目減り」とは?

金の買取依頼前に知っておきたい「目減り」とは?

金の相場というものは日本国内においての需要と供給のバランスから決められるものではなく、世界中の社会情勢や経済情勢、需要と供給のバランスによって決められています。そのため、日本国内においての金の買取に関しては原則として世界的な金相場によって買取価格が決められています。

しかし、消費者が自分の所有している金を買取業者に持ち込んだ場合、選んだ業者によって消費者が金を売却した代金として受け取れる金額には多少なりとも差が生まれてきます。その理由として最も大きな要因となってくるのは金買取業者ごとに異なっている手数料の存在です。この手数料の内訳として金買取業者が確保する利益分が最も大きな比重を占めますが、それ以外のものとして買取をした金を溶解して加工をする際に生じてしまう目減り分があります。

一般的に消費者から買い取った金は再び流通させるために加工がなされますが、消費者から持ち込まれた金を製品として加工をするには一旦、買い取った金を溶解しなくてはなりません。その溶解の過程ではどうしても精錬しきれない目減り分が生じてしまうのです。この精錬しきれない金の割合は溶解前の金の量から考えるとごくわずかな量に過ぎませんが、金というものはご存知の通り少量であっても高額で取引されているものなので、たとえわずかな量であっても目減り分が生じてしまえば金買取業者が手にできる利益はそれだけ減ってしまうことになるのです。

そのため、多くの金の買取業者では金の精錬において生じてしまう目減り分を手数料の中に含ませているのです。もちろん、手数料の中に含まれる目減り分の金額は特に明確な金額が設定されているわけではなく、金買取業者ごと各店舗ごとに違っています。金の買取依頼前にはいくつかの金買取業者や店舗について詳しく情報を集め、手数料の中にどのくらいの割合で金の目減り分が含まれているのかを知っておけば、同じ量の金を持ち込んだときにどこの金買取業者が一番高く買い取ってくれるのか判断がしやすくなります。

お手持ちの金製品の処分方法として金買取業者を選ばれるときには、手数料やその中に含まれている目減り分の割合について自分なりに情報を収集したうえで業者選びをすることが、損をせずにお手持ちの金製品をお金に換える最善の方法となります。金買取業者に金の買取を依頼する際には買取金額の高さだけではなく、必ず手数料についても確認してから業者選びをするようにしましょう。

一覧はこちらから
   

こちらのサイトは、2019年3月20日に収集された情報を基に作成されております。買取店の利用方法や価格は参考価格ですので、詳しい情報は各店舗にお問い合わせください。

Copyright© 金・プラチナ買取業者おすすめランキング , 2020 All Rights Reserved.