おすすめ金・プラチナ買取業者ランキング > 基礎知識一覧 > 金製品の本物と偽物は買取前に自分で判断できる?

一覧はこちらから

金製品の本物と偽物は買取前に自分で判断できる?

金製品の本物と偽物は買取前に自分で判断できる?

「金」というものは、資産的な価値も高く、装飾品などにも用いられているもので、非常に人気の高いものです。そんな金ですが、市場に流通しているもののなかにも偽物が紛れ込んでいます。偽物はわかりやすいものもあれば、巧みに加工されて素人では判断ができないほどの偽物も存在しています。

まずはじめに見分けるポイントとしては、刻印を確認してみましょう。金にはそれぞれ刻印がされており、カラットの頭文字のKを用いて評価されています。国内ではK24のように評価されることが多いです。この時にK18GPというように、おしりにGPという表記があるものは、純金の製品ではなく、金メッキ製品であることを意味しています。金製品と言われても、表記の語尾にGPが付いていた場合は金メッキ製品だと疑いましょう。

次に判別する方法としては、磁石を当ててみることです。実際に金製品であった場合は、金は磁石にひっつかないはずなので、もし磁石にひっつくようなものであった場合は、偽物と思われます。あとは見た目も見分けるポイントとなります。純度の高い純金といわれる金はオレンジ色を帯びており、純度が低くなるにつれて、オレンジ色が減ってきて、黄色味を帯びてきます。偽物の場合は純度のわりに色味がおかしいこともあります。

他には、試金石を当ててみる方法もあります。試金石とは江戸時代から用いられている金の鑑別方法のひとつです。試金石といわれる黒い石の板の上に、金の表面を削って、削り取られたあとの様子を確認して鑑別する方法です。もし金メッキ製品である場合は、削り取られた部分から内部から異素材が確認されます。しかし、試金石などは入手するまでに手間がかかったりするので、自分で確認するためには、刻印や色味などを観察して判断する必要がありそうです。

偽物か本物かを見分けることも大切ですが、まず何よりも本物の金を販売している、しっかりとした販売店で購入することがもっとも大切です。信用できる販売店を探すには、インターネットで検索して、他の方のレビューなとも参考にしながら、相場での価格で取引を行っているところであれば大丈夫でしょう。逆に相場よりも明らかに安い価格で取引をしているような販売店は疑って、そこでの取引は行わないようにするべきです。しっかりとした自分を守るための知識を身につけつつ、信用できる販売店での取引をして騙されないようにしましょう。

一覧はこちらから
   

こちらのサイトは、2019年3月20日に収集された情報を基に作成されております。買取店の利用方法や価格は参考価格ですので、詳しい情報は各店舗にお問い合わせください。

Copyright© 金・プラチナ買取業者おすすめランキング , 2020 All Rights Reserved.